自転車ノート

自転車 我が物顔

F1000017

歩行者の速度2km、自転車の速度30km以上。

両者が幅数メートルの道を共有することは困難かもしれません。

東京新聞の記事

本当に真剣に考えねばならない問題です。

| | コメント (0)

7/26

7/26に東京でヒルクライムレースがあります。


東京ヒルクライム     日の出町ヒルクライム

7月26日(日)         7月26日(日)
奥多摩町           日ノ出町(肝要の里)
11km(奥多摩周遊道路)  8km(梅ヶ谷峠)
545m              414m
1200人
エントリー3月20日〜5月20日
参加費8000円           4000円
受付前日12時〜16時      当日7時〜8時検車
スタート当日6時半        9時スタート?

HP http://www.kfctriathlon.jp/html/event_bike.html  http://www.cyclesports.jp/info/inf5.cgi?mode=main&cno=1818

| | コメント (0)

BMIを分析してみた

20090225080544
昨日は自転車通勤、帰りに降られました。そして今日は朝から雨なので自転車はお休み。
今週はずっとこんな天気みたいです。

今月のfunrideにMt富士HCと乗鞍HCの上位10選手の様々なデータが掲載されていて面白いです。

機材もさることながら面白かったのが体重でして、当然身長のファクターも差し引いてオヤジ的に分析してみました。

BMIとは・・・、
肥満度の判定方法で体重(kg)/身長(m)2から計算されます。

BMI指数の標準値は18.5〜25.0未満で、18.5未満は“やせ”と評価されます。そして、有病率や体脂肪率とも相関しているんだそうです。

●結果
Mt富士HC上位10人(外人2人)の平均BMIは20.5(19〜22.2)で、乗鞍HC上位10人(外人2人)の平均BMIは19.8(17.5〜22.2)でした。

BMI値を20で区切ってみると、Mt富士HC上位10人では20未満が4人で20以上が6人に対し、乗鞍HCではBMI値が20以上の選手は僅か3人しかいなっかた。

●結論
BMI値20がヒルクライマーの基準値、つまりヒルクライマー体型。
特に乗鞍HCは聖地だけに20を切るのが当たり前。

体脂肪率とか除脂肪量とかも関係あるのだろうが、今回はご勘弁を、ちなみに自分のBMIは23.6、あと少しじゃん〜なんて思って計算したら、20にするには9kgやせる必要があるらしい・・・・・。

| | コメント (0)

パワー=ストレングス×スピード

今朝、サイクリングタイムをみていたら新任の自転車の先生がいらっしゃいました。

P01


彼がヴァレンティーノ・セビッチ先生。
サイクリングに関するトレーニング方法を、分かり易くかつ情報盛りだくさんでお伝えする
「ヴァレンティーノ☆トレーニングNEWS」を開講されたのでさっそく入学させていただきました。

今日のkey wordはパワー=ストレングス×スピード、サイクリングではパワーは神なのだそうです。

それでは先生よろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

プーリー交換

1

雨ですね、先日ポチっとしたセラミック・プーリーが届いたので交換してみました。

20090131082513
セラミック・スピードというメーカーらしいです。よくわまりませんが・・・。

1個取り付けて子供を体操クラブに送って戻ってきたら、取り付けパーツが見あたらずかなり探しました。やっと見つけて取り付け完了、手で回して軽さを実感、そしてローラー30分・・・では違いはわかりませんでした。

20090131102347
知らんぷりしてますが、間違いない!

| | コメント (0)

いじる楽しみ

私の場合、自転車では乗る楽しさ、自分を鍛える楽しさ(?)、いじる楽しさを味わえます。

最近、いじる楽しさを味わってなかった反動か?

A665_i1
ホイールをいじって楽しみたいな〜と思ってます。

セラミック化、“よかった”“かわらなかった”“意味がない”

いろいろ意見はあるようですが、いじるのが楽しみなのです。

ま〜登りはともかく、下りで脚を止めて楽できそうな・・・。

| | コメント (0)

忘れる前に、メモ

今朝、ローラーやっていて何となく気づいたことをメモっておきます。

20090127153754

ローラー回して暫くするとフォームを維持するのが辛くなってきます(へなちょこな私の場合)。そこで手放しで背筋をたてる(固定ローラーです)と脚の乳酸が抜けて軽く回せるようになります。で、また元に戻して暫くすると辛くなる・・・、なんでか?

ローラー終了後に手放しで膝を上げる動作(A)と前傾で同じ高さまで膝を上げる動作(B)を比べてみると、Bでは腹筋の負荷が大きくなる気がします。膝とお腹を近づけるので余計に腹筋を収縮させなければならない、しかし同じく前傾してもお腹と膝を近づけなければ腹筋は疲れない(辛くないポジション)となるのが(C)、つまり骨盤をたてる・こぶを作るポジションなのですな〜。

間違っていたらゴメナサイ。

| | コメント (0)

ランスの教え

自転車選手の色々な動画をyoutubeで見てますが、なかなかトレーニング・メニューや様子がうかがえるモノは少ないように思います。

最近ランスさんの動画でとても興味があるモノがあります、
それは筋トレ“Lance Armstrong's Strength Training Workout”なのです。

そこで彼のメニューを自分用にまとめてみました(順不同)。

①STEP UPS
足とお尻を鍛えるとなっていますが、基本はボックス・スクワットと同じではないかと考えます。
以前マイケル・フェルプスのインタビューで知りましたが、背筋を伸ばすのがポイントとみたい。

それにしても、ランスさんの両手の負荷は凄すぎますね〜、我が家の階段をつかってできるメニューです。

②SIDE LUNGS
そしてコレ、私には意外な筋トレでした。


250pxanterior_hip_muscles_2
内転筋群を鍛えるメニューですが、何故に内転筋を鍛えるのか?
答えはココにありました。
確かに片足ペダリングをすると内転筋にくるな〜。

③STABILITY ROW
お尻の筋肉を引き締め、骨盤を真っ直ぐ、体のラインを直線で行うのがポイントだそうです。
背中と体幹を鍛えるメニューかな?


④HANG CLEANS
そしてコレ、コレ、total body powerをつけるトレーニング。筋トレというと一つ一つの筋肉を重点的に鍛えるイメージでしたが、自転車競技で一瞬の爆発力を発揮するには瞬時に全身の筋肉を発動させる能力が必要なのですね。


ランスさんが動画で教えてくれたこのトレーニング、きっと大事なんでしょう。

| | コメント (0)

ミラクル


080309_b

先日NHKのTVでミラクルボディとう番組(再放送)を見ました。陸上の100m前世界記録保持者のパウエル選手と朝原選手の肉体を科学的に評価していてとても面白かったのです。
特に注目したのは、スタートの時(当然パウエル選手の方がはやいのです)に靴底にセンサーをつけて圧力を計測したデータでした。朝原選手は足底圧は母指球付近に限定した圧分布だったのが、パウエル選手では足の前1/3に均一に圧がかかっていました。
自分なりに“点”で踏み込むより“面”で踏み込む方がパワーが出るのだと解釈し、ペダリングで意識してみようと思います。

また逆に朝原選手の方が下腿の筋肉が発達していました。日本の短距離トップ選手の間では脹ら脛を見て強いかどうかを見分けるのだそうで、黒人と日本人の走りの違いにも通じる様です。

| | コメント (0)

ケイデンスの違いが生体に及ぼす影響

F1000033

最近、自転車の研究論文が面白いのです。

そこで自転車エルゴメーターを使用し、ペダル回転数の違いによる生体変化を研究した論文を斜め読みしました。この研究のポイントは心拍数一定負荷((220−年齢)x0.6)による検討、つまり同じ心拍数を維持してで低ケイデンス(60回転)と中ケイデンス?(80回転)でペダルを回した時の酸素摂取量(VO2/W)と平均動脈圧を測定したことなのです。

我々、初〜(中の下)級サイクリストには心拍数トレーニングが一般的なので、この研究はより実践にそくしたものではないかと思うのです。

結果は大雑把にまとめると、①運動の負荷量(watt数)はケイデンス60>80、②平均動脈圧はケイデンス80の方が60より低い、③酸素摂取量にはあまり差はなかったが、若干80が勝った?

結論、ケイデンス80の方が運動効率がよい。


サイクリストにとって高ケイデンスの有用性は常識ではあるだろが、自分としては何となくピントこなかった。今回のデータでハッキリしてのは高回転では平均動脈圧が低く押さえられるので、心血管系への負荷が小さく(血管抵抗が低いため)ということだ。高回転の筋肉収縮運動は、筋肉ポンプ作用の増強や末梢静脈環流の加速をもたらし筋肉内血流を強力に駆出するので大げさな言い方をすれば補助心臓が出来るようなモノかもしれないな〜。


| | コメント (0)