« 3月はツーリング仕様 | トップページ | 自分の数字を知る。 »

携帯ポンプ

Ponnu

ポンプマニア?

MTB・ロードバイクに乗り始めるまで空気入れに携帯用があるなんて知りませんでした。

2005年秋にロードバイクを最初に買った時にショップの方に勧められて買ったのが右から4番目のブラックバーンでした。これは押し・引き両方で空気が入るタイプで初心者の自分でも入れやすさが解りました。ボトルゲージに取り付けてましたが、暫くすると何となく自転車とカラー/スタイルが合わないような気がしてたので左隣の黒くて細いタイプに変えてみたのでした。

結果は“携帯ポンプは見た目で選んじゃダメ”という勉強をさせていただき、1回使用して直ぐにブラックバーンに戻りました。

なんか他にないかな~と思っている時にブログで、右隣のクイッカー・プロの評判を聞き、実物をショップで見たら予想外にコンパクトで、コレならリクセンカウルのサドルバックに入っちゃうな~というわけで即買いしました。

使用してみると確かに1ストロークごとの空気の注入量が多く、先日までズ~っとサイクリングに欠かせないお供となってました。でも先週曽我梅林サイクリングのパンクで結構頑張って空気を入れたのに、ショップで空気圧をみたら4気圧しか入っていないことにガッカリ、己のポンピング力の無さに唖然。

そんなこんなで自分なりに行きついた結論は、携帯ポンプの良し悪しはポンプが50%、持ち主の腕力が50%(データに根拠はありません)でした。なので今回、誰でも何処でも7気圧をかなえてくれるポンプというわけでフロア型ポンプ投入とあいなりました。

002

とても“チョット多摩サイを流す”装備ではないけど、安心にはかえられませんね。

でもこれで暫くパンクしないと、また気が変わるかな?

にほんブログ村 自転車ブログへ 

|

« 3月はツーリング仕様 | トップページ | 自分の数字を知る。 »

自転車ノート」カテゴリの記事

コメント

確かに空気入れるのって、要領もいりますよね。
うちのポンプと同じのが2本写ってます。
ブラックバーンは、カミサンのバイクにつけて山に行ったら取っ手がどこかに。その後別の箇所も壊れて、相性最悪でした。
今は一番左のホースつき(でもMTB用はもっと短い?)。
楽ちん空気入れです。

投稿: ガハク | 2008年3月 2日 (日) 18:06

どうもガハク、
そうですか・・・、ブラックバーン壊れましたか。
私は基本的に歩いて帰ってこれない距離を走るときは、小さいポンプも予備に持って行きます。
ブログを見てると結構ポンプって壊れるんですよね、自宅から100km離れた山の中でパンクしたときのことを考えるとポンプは大事だな~と思います。
あと以前に顔振峠でスポークが折れた時、歪んだホイールでユックリ、ユックリ80kmくらいを走り、新横浜の町が見えたときには嬉しくて泣きそうになりました。

投稿: ちちまる | 2008年3月 2日 (日) 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月はツーリング仕様 | トップページ | 自分の数字を知る。 »