« ニット帽 | トップページ | 暖房機 »

ディーゼル・ハイブリット車

今朝の朝刊でメルセデス・ベンツからデイーゼル車が販売されているのを知り、最近の原油高・ガソリン値上がりでかなり気になりました。

実はヨーロッパ17カ国では販売される乗用車のほぼ半分がディーゼル車で占められ、メルセデス・ベンツのEクラスに限ってみればタクシーで使われることも多いため70%という高いディーゼル比率となっているそうなんです。今のところ日本ではEクラスのみ値段が800万を越える高級車だけの販売ですが、本国ではCクラスやAクラスにもディーゼルがあるそうです。

ディーゼルの利点は燃費の良さとトルクがあること、難点は値段が高く震動と音、黒煙(窒素酸化物)だそうです。現時点ではディーゼル車はある程度の距離を走る中型車以上の車でないと割が合わないそうで、都内をチョコチョコ走るならハイブリッド車の方が効率が良いみたいでした。しかしネットを見ていたらディーゼル・ハイブリッド車なるものがあることを知りました。

Photo



制動時に生じるエネルギーを回収し、発進時の高負荷時に補助動力として再利用するシステムを内蔵する自動車で路線バス等にすでに導入がはじまっており、実現性の極めて高い、省エネルギー・低公害車だそうです。

特に、ディーゼルハイブリッドのメリットは渋滞が少ない欧州よりも、停止・発進を繰り返す日本の方が大きいらしいのです。

にほんブログ村 自転車ブログへ

|

« ニット帽 | トップページ | 暖房機 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最近、クルマで街中を走っていると、

注意しながら見たらけっこう目につきますね。

コンビニ配送トラックや運送会社のトラックなど。

まだ、CNG車のほうが多いようです。

投稿: エコマニア | 2007年12月11日 (火) 15:14

どうもエコマニアさん。
私もこの記事を書いてから注意してますが、今一つ見分けがつきません。もっとメディアで取り上げても良いんじゃないでしょうかね(私が知らないだけかも?)。

投稿: ちちまる | 2007年12月11日 (火) 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニット帽 | トップページ | 暖房機 »