« もうすぐはじまる | トップページ | 黒・白・銀 »

オヤジむきなサプリメント?

WGH なるものが注目されているらしい。

主な生理作用は・・・、

オピオイドペプチド作用

アヘン類似作用を持つ物質、いわゆるランナーズハイを起こすとされる物質が含まれる。

ACE阻害作用

血圧の調節をする。

ストレス軽減作用

ラットの実験でストレス軽減が認められた。

NK細胞の活性化

抗癌効果、免疫力強化が得られる。

肝障害抑制作用

ラットの実験より肝繊維化抑止作用、肝障害抑止作用が確認されている。

筋障害抑制作用

抗炎症作用により、ハーフマラソン後の筋障害(筋損傷)の指標CPKが有意に抑制されたとの報告がある。

WGH(小麦グルテン加水分解物)は小麦に含まれる機能性アミノ酸「グルタミン」を大量に含んだグルテンを加水分解して得た機能性食品素材です。そしてグルタミンというのは、体内に一番多く存在するアミノ酸で、消化管や免疫細胞などターンオーバーの早い細胞のエネルギー源になっていて、体内では筋肉で作られ全身に供給されているわけです。

激しい運動やトレーニングを行うと全身のグルタミン消費量の増加と筋肉の損傷が同時起こる為に筋肉が疲弊してします。オーバートレーニング症候群ではグルタミンレベルの低下が報告されていて海外のアスリートではグルタミンサプリメントが人気があるそうです。国内でも陸上長距離ランナーや駅伝ランナーの栄養学として注目されているらしいのです。また、レースや合宿などの後に風邪を引いたり、体調を崩すのはグルタミンレベル低下による免疫力低下が関係してるみたいです(参考:http://www.wgh.jp/)。

このWGHの効能をよくみると、メタボ(高血圧)で酒好き(肝炎予防)な自転車乗り(たまに長距離→筋肉痛)にピッタリ、しかもガン予備軍のオヤジ世代(ワタシ?)にはなおさら魅力的なサプリメントに思えます。

にほんブログ村 自転車ブログへ

|

« もうすぐはじまる | トップページ | 黒・白・銀 »

自転車ノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうすぐはじまる | トップページ | 黒・白・銀 »