« しょうがない | トップページ | 明日は七夕 »

“陰性”食品

2

私はトマトが大好きです。ほとんど毎日食べてますが、一番美味しいのはサイクリング後の冷たいビールと塩を振ったトマトです。実はこのトマト体を冷やす効果があるみたいです。

東洋医学では食品の作用によって①陽性(体を温める)、②平性(影響なし)、③陰性(冷やす)に分けられ、昔の人たちは陰性の食品を冷やして食べて涼を得るという知恵を働かせていました。特に水分の多い夏野菜は“陰性”食品の代表であり、夏場サイクリングの大量の汗で失われるミネラル(痙攣の原因になるカリウムなど)を多く含んでいるので理にかなった食べ物といえます。

夏野菜には枝豆、トマト、きゅうり、なす、ゴーヤなどありスイカ、蕎麦、豆腐なども陰性食品なんだそうです(ナンカ、酒のつまみが多いような?)。面白いのが肉類で、牛・鶏・羊肉は陽性で豚肉は平性なのですが、鴨肉は陰性食品なんだそうです。飲み物ではやっぱり麦茶みたいですね。

これからドンドン熱くなりますから、サイクリングの補給食や帰宅後の食事には“陰性”食品がよさそうです。

にほんブログ村 自転車ブログへ

|

« しょうがない | トップページ | 明日は七夕 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

冷えたトマトを塩で、
イイですね。
自分もそれが一番好きです。

この頃、汗をかくので
しょっぱいのが欲しかったりします。

投稿: ナカ | 2007年7月 5日 (木) 17:39

今年は中止になった信州のHCレースでは、ゴール後にレタスまるごと1個手渡されるらしいです。想像しただけでも旨そうですね。

投稿: ちちまる | 2007年7月 5日 (木) 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しょうがない | トップページ | 明日は七夕 »